mama Libra 「生きる」と「はたらく」をもっと近くに。 mama Libra 「生きる」と「はたらく」をもっと近くに。
menu
【ワーママのためのお悩み相談室】

ワンオペ状態で毎日ぐったり。どうやって乗り越えればいいでしょうか。

【2020.12.01】

「このまま時短を続けて、私のキャリアどうなるんだろう…」「時短だからやりたい仕事があっても手を上げられない…」「ママでも転職ってできる?」「転職をするならタイミングはいつがいい?」―。こんな、ワーキングママだからこそのキャリアについてのお悩みに、ママリブラのママ専門キャリアコンサルタントがお答えします!



Q. ワンオペ状態で毎日ぐったり。どうやって乗り越えればいいでしょうか。



A. ワンオペ解消には、誰と組むか?が大切


ワーママの存在は社会的に珍しくなくなったとはいえ、“ワンオペ”育児に悩みママは少なくありません。家事・育児のメーン担当は女性という考え方も根強く、仕事、家事・育児に追い込まれているワーママも大勢います。


また一般的に女性は、男性よりもまじめで我慢強い傾向があるので、「母親なんだからやらなくちゃ」と、自らをワンオペに追い込みがち。それでは、ママがぐったりして当たり前ですよね。


これを解消するには、まずは1番身近なパートナーである夫と分担できないかの話し合いが必要です。ポイントは、子どもの人数や成長とともに、分担の負担が変化するので、半年に1度くらいの頻度で、役割分担の見直しをすること。単身赴任などの理由で、どうしても夫には頼めないという人は、(義)両親に相談するのもいいでしょう。親戚はみんな遠方にいて身内に頼れないという人は、ベビーシッターや家事代行、自治体が提供しているファミリーサポート制度などの外部サービスを活用するもがおすすめです。


仕事と育児の両立は、人それぞれ・家庭それぞれなので、どのような役割分担や協力体制がいいかは家庭によって異なりますので、自分たちにもっとも合うスタイルは自分たちで見つけなければなりません。いろいろなパターンを試しながら、自分たちに1番フィットする分担体制を見つけてください。


私が答えます
1984年生まれ。大学卒業後、新卒で株式会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア株式会社)に入社。求人広告、人材紹介の法人営業を経て、キャリアアドバイザーに。以来2,000人を超える転職希望者のキャリアカウンセリングを担当する。国家資格キャリアコンサルタント。2歳男児の父
自己紹介はこちら


=================
ワーキングママだからこその、お悩み募集中!
あなたのお悩みをお寄せください。mamalibra@mamalibra.jp

こんなお悩みを抱えているママは、まずはママリブラに会員登録を


おすすめ

関連記事

会員登録(無料)