menu

世界が開けた。後悔は1ミリもしていない

新井麻優子(あらい・まゆこ)さん(35歳)


★転職を考えた理由と、重視したこと



実はこの時期の転職は想定外でした。いつか子育てが落ち着いたら事業をやりたいという気持ちがあったので、育休中に子連れでできることを探して、ニューロスペースでボランティアをし、声をかけていただいたことがきっかけです。いつかは転職したいという気持ちはあったのですが、それが今なのかは悩みました。というのも、いつかもう1人子どもが欲しいと思っていたので。このまま、居心地もよくて仲間にも恵まれ、環境も制度も整った会社で次の出産後まで働き続けた方がいいのか、スタートアップ企業で成長して、事業を立ち上げるフェーズにかかわり、刺激的なメンバーと仕事をしていく方がいいのか…。捨てるものと得るものを点数化してみましたが、まさかの同点だったんです。そして、夫に相談すると「そこまで悩んで相談してくるってことはやりたいんでしょ」と言われて、背中を押されました。最後は、いつも悩んだときに大事にしている自分の直観に従って、「目の前にある今しかないチャンスをつかみにいこう!」と決断しました。



★転職をした今の気持ち



世界が開けたなと感じています。前職では法人向け営業の経験もあったので、いろんな会社を見てきたつもりでいましたが、狭い世界しか知らなかったんだと実感しています。今はビジネスモデルを確立しようとしているところで、形が見えていないために大変なこともありますが、この事業が世に認められて大きくなることを想像すると、わくわくしてとても楽しいです!働き方も柔軟でストレスがないです。この転職に1ミリの後悔もありません!あの時の決断は間違っていなかったと思います。



★これからやっていきたいこと



自分のやりたいことをやっていきたいです。女性として、母として、妻としてもやりたいことは欲張っていいと思うんです。子どもにもそういった姿を見せてあげたいです。今は、好きな仕事と子どもとの時間のどちらも大切にするために、仕事はやりたい場所で、やりたい時間でやっていきたいです。いつか地元の山口の課題を事業で解決するようなことができたらと考えたりもします。まだ具体的なビジョンは見えていませんが、周りの人みんなが幸せになれるようなことをしていけたらなと思っています。



★転職を考えているママへ



ぜひ勇気を出してほしいです。1歩踏み出せば全然違う世界があることを、転職によって知りました。前職を続けていたら、ある程度どんな人生になっていたか想像がつきます。それでも楽しくやれていたとは思いますが、きっと「あのとき転職していたらどんな人生だっただろう」とずっと気になっていたと思います。どうしようか迷われているようでしたら、「世界が開ける転職、よかったよ!」と伝えたいです。


おすすめ

ご登録はこちら