mama Libra 「生きる」と「はたらく」をもっと近くに。 mama Libra 「生きる」と「はたらく」をもっと近くに。
menu
【調査】

ワーキングママアンケート~平日のタイムスケジュール編~

【2020.06.25】

仕事と育児の両立、どのように時間をやりくりするのがいいか不安はつきもの。ワーキングママの1日のタイムスケジュールに「これが正解」というものはありませんが、先輩ワーママたちがどのように仕事と育児を両立をしているか気になりますよね。そこで、mogのサービス登録者にアンケートを実施。ワーママたちが朝起きてから寝るまでのタイムスケジュールをご紹介します。

 


【起床】6:00〜6:30

ワーママの平均的な起床時間は6時から6時半という結果に。家族が起きるまでの間に、勉強をしたり、仕事の残務をこなしたりするほか、夕食の支度や掃除、洗濯などの家事を朝のうちに済ませてしまうというママもいました。自分より30分から1時間ほど遅れて子どもを起こす流れになっている家庭が多く、家族が起きてから朝食や身支度など、朝の準備をしているようです。中には、朝食や洗濯物の片づけ、保育園の準備などをパパに任せているママも。「パパは、夜は仕事で遅くても朝は比較的、時間の調整がしやすいので、思いっきり家事・育児を任せています」というコメントもありました。

 


【出勤】7:15〜8:00

家を出る時間は、保育園に寄るかどうかで少し差がありました。朝の保育園への送りはパパの担当、または夫婦で1日おきで交代して送っているという家庭も。朝の準備と同じで、保育園の送りもパパが活躍する家庭は多いのではないでしょうか。また、会社までの移動時にやることを決めているママも多く、読書やニュースサイトのチェック、仕事の準備(メール返信やその日のタスク整理)など、通勤時間もムダにしないのがワーママの特徴と言えます。

 


【勤務時間】9:00~17:00

大多数のママが9時ごろから17時ごろまでを勤務時間としていることが分かりました。フレックス制度のある会社に勤めているママもいますが、上記の時間帯での勤務を選んでいるのは、18時〜18時半の保育園のお迎え時間に合わせているようです。また、週に1〜2回の残業、または在宅勤務など、業務量に合わせて働き方を工夫しているママも多くいました。

 


【保育園お迎え】18:00〜18:30

18時台に保育園にお迎えに行くママがほとんど。中には、学童のお迎えから保育園へとハシゴをするママも。帰り道に子どもがなかなか帰りたがらない、寄り道をするなどで、帰宅するまでに時間がかかるというママもいました。

 


【夕食】19:00

帰ってからまずは夕食という家庭が多いようです。特に子どもの夕食は早々に済ませて、終わった後に宿題を見たり、翌日の保育園の準備をしたりと、どの家庭も忙しそう。夕食後からお風呂までの間に、洗濯や掃除などの家事を済ませるというママもいて、家事を出勤前にやるか(朝派)、帰ってきてからお風呂までにやるか(夜派)の2つのタイプがいることが分かりました。

 


【お風呂】20:00

お風呂と子どもの歯磨きを済ませてからは、子どもが布団に入るまでは家族で団らんという束の間のゆったりタイム。平日は子どもとゆっくりする時間がなかなか取れないので、このような時間はとても貴重ですね。ただ、まだ子どもの年齢が小さかったり、兄弟が多かったりすると、お風呂や歯磨きに手こずることも多く、このようなゆったりタイムもなく、慌ただしく過ぎてしまうほうが多いようです。もしパパが帰宅しているようなら、片づけや掃除と子どもの世話を分担できるといいかもしれませんね。

 


【寝かしつけ】21:00

子どもの寝かしつけも、21時という家庭がほとんど。どの家庭も「21時」というのは子どもの寝る目安の時間になっているのかもしれません。子どもを寝かしつけたまま一緒に寝てしまうというママもいましたが、毎日ではなくとも子どもと一緒の「寝落ち」を経験したことのあるママは多いと思います。また、子どもの寝かしつけはパパの担当で、ママはその間に仕事をするという家庭も。パパの帰りが間に合う日があればパパに頼んでみるのもいいかもしれませんね。

 


【フリータイム】22:00〜

子どもが寝た後は、それぞれのフリータイム。パパとの晩酌を楽しんだり、テレビを観たり、読書をしたり…。ただ、残った仕事をすると回答したママもいて、フリータイムとは言えない夜の時間を過ごすママもいるようですが、日中よりも集中できるというメリットもありそうです。

 


【就寝】22:00〜0:00

就寝時間は子どもと一緒に22時ごろに寝る人から0時ごろまでと幅がありました。睡眠時間は、人によって短くてもいいタイプと、長く寝ないとつらいタイプがあるか思いますので、自分に合った睡眠時間になるよう工夫できるといいですね。毎日のことなので、忙しい日々も、心身ともに無理のないように気をつけたいものです。

 


【ワーキングママ1日のタイムスケジュール(例)】


 

香山由佳(かやま・ゆか)さん(37歳)

お子さま:2歳男の子
株式会社ニューロスペース、広報・アカウントマネージャー
働き方:9~18時。フレックス勤務(アポや仕事内容によって柔軟にテレワークなども取り入れ)

香山さんのインタビュー記事はこちら


 

阿部由美(あべ・ゆみ(仮名))さん(34歳)

お子さま:4歳男の子
GOB Incubation Partners株式会社PAPAMO事業部の人事
働き方:9~17時(1時間の時短勤務)。週2回程度の在宅勤務

阿部さんのインタビュー記事はこちら


 

篠田梓(しのだ・あずさ)さん(36歳)

お子さま:8歳男の子、4歳男の子
教育関連会社
働き方:9時半~17時(1時間の時短勤務)。週1~2回残業、週1回在宅勤務時はフルタイム

篠田さんのインタビュー記事はこちら


 

勝野多喜(かつの・たき)さん(29歳)

お子さま:2歳男の子
APカンパニー法人営業部兼インバウンドチーム
働き方:9:00~16:50フレックス勤務かつ30分の時短勤務(コアタイム11~16時)

勝野さんのインタビュー記事はこちら


 

新井麻優子(あらい・まゆこ)さん(36歳)

お子さま:2歳女の子
株式会社ニューロスペース、アカウントマネージャー
働き方:9~18時。在宅勤務可

新井さんのインタビュー記事はこちら

 

「時短料理/ストレス解消/睡眠時間/休日の過ごし方、など
プライベートもうまく回しながら、仕事と家庭を両立したい!
こんなママは、まずはママリブラに会員登録を

おすすめ

関連記事

会員登録(無料)