mama Libra 「生きる」と「はたらく」をもっと近くに。 mama Libra 「生きる」と「はたらく」をもっと近くに。
menu

強みが活かせるキャリアとライフを両立できる新しいポジションで採用

企業名
株式会社TRUSTDOCK
肩書き・氏名
取締役 肥後彰秀(ひご・あきひで)さん/COO 菊池梓(きくち・あずさ)さん

 


★受け入れの際に重視したこと



弊社は日本で唯一のデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスを提供しています。犯罪収益移転防止法をはじめ、携帯電話不正利用防止法、労働者派遣法など各種法律に準拠したKYCをAPI組み込みのみで実現しており、お客さまは人材業界やエンタメ業界、金融機関や自治体などさまざまです。


このように法律もお客さまも多岐にわたっているため、社内はひとつの常識やルールに縛られないフラットな人間関係が土台です。そのため、人材を受け入れる際にはエントリーしてくださった方と「2つのカルチャー」を確かめ合うようにしています。それは「プロフェッショナルとしてお互いを尊重しながら、年齢や性別といった属性にかかわらず対等に意見を交換する」と「社内の目標や課題を共有し、意見交換をしながらプロダクトを開発する」です。


このたび、自治体担当としてご入社いただいた葛巻美央(くずまき・みお)さんは、弊社が大切にしているこの「プロフェッショナリズム」と「プロダクト愛」のカルチャーをすでにお持ちでした。同じカルチャーを持った方に出会えたことは、弊社にとっても幸運なことです。


また弊社は面談時にキャリアプランだけでなくライフプランについてもフラットに意見交換しています。たとえば取締役の肥後の育休経験をお話しさせていただいたり、CEOの千葉は面談のはじめに育児の話をしたりしています。TRUSTDOCKに入社してから育休を取得したメンバーは社員19人中5人、子育て中のメンバーは10人です。


このように、TRUSTDOCKでは仕事はもちろんのこと、生活も大切にすることがメンバーと会社の長期的な発展と成長につながると考えています。


★受け入れて感じていること


葛巻さんのご入社の経緯は、実は紆余曲折ありました。エントリー段階ではCS(カスタマーサクセス)にご応募いただいていたのですが、残念ながら働き方の面でアンマッチとなってしまいました。


でも、弊社としては葛巻さんとご一緒したい思いに変わりはありませんでした。葛巻さんのこれまでの教員・求人広告の営業・事業企画・CSオペレーター管理・研修構築の経験は、弊社に絶対に必要なプロとしてのご経験です。葛巻さんほど「事業を推進するためなら自分の仕事の幅を狭めない」方にはなかなかお会いできません。


そして、葛巻さんも弊社のカルチャーに共感してくれました。さらに「少しでも仕事をする時間を増やしたいから、リモートワークを希望します」と素直にお話しいただき、弊社も葛巻さんの「強みが活かせるキャリア」と「育児を中心としたライフ」を両立できる新しいポジション(自治体担当)での選考を打診しました。


結果、葛巻さんは今では自治体担当として活躍されています。すでに他部署のエンジニア・セールス・CSメンバーを巻き込みながら自治体プロジェクトを推進しています。リモートワーク中心の働き方や未経験の「本人確認」市場での仕事は、私たちが想像する以上の苦労もあるかと思います。そのため、弊社としてはこれからも葛巻さんのキャリアとライフが最大化する土台を整えてまいります。


また、葛巻さんのように「プロフェッショナリズム」と「プロダクト愛」、そして豊富なご経験がありながらも、思うような転職活動や就労がかなわない方もいるとお聞きします。私たち受け入れ企業として、工夫できる余地は多くあるはずです。誰もが能力を発揮できる採用の形をお考えの企業さまがいらっしゃれば、ぜひ情報交換させていただければと思っています。


■会社概要



株式会社TRUSTDOCK
日本で唯一のデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスを提供


おすすめ

資料請求・採用のご相談はこちら